転職活動にはリサーチが重要です!

それだけ甘くはないということです。しかし、頑張り次第では、高給与が実現するのは事実です。看護師として高給与を得るには、勤務する職場を選ばなくてはならず、医療機関や施設など幅広い看護師ニーズの中から、働く場所を限定していく必要があります。

医療機関や施設など総合的に考えると、最も高給与を望めるのは訪問看護かもしれません。訪問看護ステーションの場合、一般的には日勤のみのサービスになるので、夜勤無しで高給与が望めます。大きいな病院よりリスクが少なく、高給与とされています。

そのため、このような好条件の病院や大学病院の求人を見つけるために看護師の転職サイトなどうまく利用して転職情報をしっかりとリサーチしていくことがとても重要になってくるんですね。このようなことを面倒に感じてしまうと転職活動はうまくいかないので注意しましょう!

看護師と介護士の仕事内容の違い

最近、少子高齢化という社会の大きなトレンドもあり、看護師と介護という二つの職業が注目されるようになりましたよね。ですが、この二つの職業はどちらも人の手助けをするという点では同じような職業ですが内容としてはかなり違ってくるのではないでしょうか。

今回は、看護師の仕事と介護の仕事の違いについて確認をしていこうと思います。

3-1.看護師の仕事の内容

看護師の方は医療行為を行う事が出来る。

また、法律上も看護師は介護士のような業務をこなすことはできますが、逆に看護師は主な勤め先は病院となります。

3-2.介護師の仕事の内容

介護士の方は医療行為を行う事が出来ません。

逆に介護士は看護師のような業務を行う事は禁止されています。また、介護士となるとその主な勤務先は介護施設が主になりますが、

このように、看護師と介護士とでは行える業務の内容にかなりの違いが出てくる所に違いがあるみたいです。今まで、何となく混同していた部分もあるかと思いますが、看護師と介護士とでは行える業務内容も勤務先もかなりの差異があることはしっかりと把握しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ